小児歯科専門医(女性)が在籍する広島県尾道市の歯科医院です。大人の治療はもちろん、子どものむし歯治療・予防・歯並びなどお気軽にご相談ください。

河上歯科医院・小児歯科

〒722-0024 広島県尾道市西則末町8-20 

0848-22-2882

診療
時間

9:00~12:30/14:30~18:30
※土曜日午後  14:00~17:30

お口のケガ・歯が抜けないなど

子どもの口腔外科 (こうくうげか)

院では、口の中のケガ、余分な歯の抜歯など、お子さんのお口の外科治療も行っております歯科用CTを導入しており、より詳細な検査も可能となっております。

当院での口腔外科

歯をぶつけた

外傷 (がいしょう)

口の中のケガでは上の前歯をぶつけることが多く、衝撃により歯が動いたり、欠けたり、抜け落ちたりすることがあります。しばらくしてから歯が黒く変色することもあります。

緊急性がある場合が多いので、できるだけ早く来院ください。

乳歯が抜けない・余分な歯がある

抜歯 (ばっし)

乳歯が抜けないまま、次の永久歯がはえることがあります。(学校検診では、「要注意乳歯があります」と指摘されます。)

その他にも、大きなむし歯で治療での改善が難しい乳歯や、次の永久歯に悪影響を与えそうな乳歯、余分な歯(過剰歯:かじょうし)も、抜歯をお勧めすることがあります。

すじがきつい

小帯異常 (しょうたいいじょう)

小帯(しょうたい)とは、上くちびるや舌にあるすじことです。

上唇小帯(じょうしんしょうたい)がきついと、歯磨きがやりにくかったり、前歯の間が大きく開くケースがあります。また、舌小帯(ぜつしょうたい)が太く短く、舌が動かしにくいと、しゃべりにくかったり、歯並びに影響がでる場合もあります。

どちらも、負担の軽いレーザーで治療できますので、ご相談ください。

小児口腔外科に関するQ&A

Q.永久歯が出始めたのに乳歯が抜けていません。抜いたほうがいいですか?

A. このような現象は、特に下の前歯でよくみられます。その乳歯が揺れていて、自然に抜けそうな場合はそのまま様子をみることがあります。しかし、自然に抜けそうにない場合は、歯科医院で抜いたほうがいいでしょう。

診療時間

診療日
 
午前
午後
診療時間

午前   9:00~12:30
午後 14:30~18:30

:土曜 午後
       14:00~17:30

ご予約・お問合せ

0848-22-2882

アクセス

0848-22-2882

住所

〒722-0024
広島県尾道市西則末町8-20

(駐車場 30台完備)